読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

地蔵祭

私が住んでいる地域の、地蔵祭が行われました

私が幼い頃は、お地蔵さんといえば、太鼓を鳴らし

子供たちが集まってワイワイと賑やかだったものです

夏のこの時期は、僧侶による読経の後には

お菓子をもらい、花火をしていました

現在は、子供の数はめっきり減ってしまい

かつての賑やかさはありません

僧侶の読経が終われば、地蔵祭は終わったような感じです

私も、読経の後、お参りをして帰りました

 

お地蔵さん、なんだかかわいらしい呼び方です

親しみを込めてこう呼ぶのでしょう

お地蔵さんは、地蔵菩薩という菩薩様です

観世音菩薩、文殊菩薩月光菩薩などの菩薩様と同じ菩薩様です

我々凡夫の元に現れお救い下さる、ありがたい存在です

ありがたい菩薩様が、近くにお見えになるのですが

その存在を改めて感じるようになったのはここ数年のことです

神社仏閣を訪ねることが好きで

色々な所へ出かけているものの、こんなに近くにいてくださる

地蔵菩薩様のことを忘れてしまっていました

同様に、お寺を訪ね参拝しているものの

私の家の菩提寺のお堂を訪ねることは、ほとんどありませんでした

あらためて、お地蔵さんですが、とても良いお顔をされています

見守っていてくださる感じがします

手を合わせるとき、落ち着きをもたらしてくださいます

 

六道輪廻(地獄,餓鬼,畜生,修羅,人間,天上)

こういった世界を輪廻している(うまれかわる)と言うものですが

この世界が、心の中に存在し

同じ人の心の中に、恐ろしい心も、仏のような心もあります

穏やかな、お地蔵様のお顔を拝むとき

私の中にも存在する、仏性が表れてくる気がします

そのことだけでも、ご利益があります

ついつい日常に追われ、忘れてしまう自分の奥底に触れる時間が出来ます

見守っていてくださる安心感がもてます

もう一度、自分の本道に戻り、生きていこう

見守っていてくださるから大丈夫という気持ちになれます