心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

淡路島を楽しむ うずしおクルーズ、 伊弉諾神宮

淡路島に宿泊し、迎えた二日目

平常と変わらない時間に起きて、ホテルの周りを散歩

f:id:kikouryuuou:20160911152928j:plain

を浴びる大鳴門橋も、夕暮れ時とはまた一味違う美しさです

久しぶりのバイキングの朝食、散歩の後に、お腹をすかせて向かいました

普段とは違う朝食に、ついつい食べ過ぎてしまいました

 

うずしおクルーズという船に乗って、うずしおを見に行くのですが

渦を巻く可能性があるのは、一日4回、そのうち昼間は二回だそうで

私達が狙うのは、この日9/10のお勧め時間、お昼の12:30前後1時間

朝食後、ずいぶん時間があります

満腹のお腹で、もう一度ホテル周りを散歩

チェックアウト後は、道の駅うずしおへ向かいました

大鳴門橋の近くにある道の駅ですので、ここから渦潮が見られるのかな

なんて思いながら、海に目をやります

大鳴門橋に展望スペースがあるようで、そこにも行ってみました

f:id:kikouryuuou:20160911154036j:plain

また、薄明光が見られました

 

道の駅の店員さんに、うずしおについて話しかけてみました

どの辺りに、渦を巻くのか、うずしおクルーズお勧め時間は

11:30か12:10のどちらかなど

私は、全然知らずにいましたが、渦を巻く場所や大きさは変化するとのこと

うずしおクルーズが、出航してから、渦の場所へ行くまで20-30分かかる

ということ。丁寧に教えてくださった店員さんに感謝です

本日の期待できる時間12:30へ向かい。船の時間は、12:10に決定です

その後、お店で色々試食、美味しいものばかりでした

気に入ったものを何点か購入して、いざうずしお

 

切符売り場の近くにいた方に、船の何処にいると見やすいのか聞いて

いざ、うずしおクルーズへ。船に乗り込みます

f:id:kikouryuuou:20160911155052j:plain

咸臨丸というそうです

観光船にしては、こった作りだと思いました

f:id:kikouryuuou:20160911155136j:plain

普段には無い、船に乗って海に出るということに

年甲斐も無く、ハイテンションになっていました

この日は、大きなうずは見られませんでしたが、十分楽しめました

 

私は、常に大きな渦が、同じ場所に巻いているものだと思っていました

違うのですね

うずは、出来ては消え、また出来ては消えています

その場所も、決まった一箇所ではありませんでした

あちらこちらで、渦を巻いては消えていました

うずしおだけではなく、船から見る島、海、空すべてが

美しく、良い思いでになります

 

続いては、予定通りに 伊弉諾神宮へ向かいます