心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

霊性で、楽になる

霊性それは、魂と自然界の目には見えない大いなる力とのつながり

目に見えない大いなる力とは、神様を信じる方にとっては神様

仏様を信じる方にとっては仏様、自然を信じる方にとっては自然

不思議な力を感じるもののことです

 

魂や、霊性に意識がありますと、とても楽になります

それは、おまかせで生きると言うことにつながるからです

何におまかせするのか

それは、目には見えない大いなる力(神様・仏様・自然・宇宙・天・・・)

であり、そこから与えられた、人生の意味、役割、生きる意味、存在・・・

それらを持った魂です

 

魂、霊性

私達の、人生に意味を持たせ、役割を持たせているものと、そのつながり

そこに、身を任す

本来の自分の役割を果たしながら生きる

 

魂は、誰もが持っているものです

人によっては、感じていて、人によっては、分からなくなっている

分からなくなってしまうのは何故か?

どんどん、覆いをかぶせて生きていくからです

私は、こういう人間というように、自分で自分を決め付けていく

身につけていく価値観

身につけていく考え方、物の捉え方

知らず知らずに、自分にとっての大切なものを見失うこと

 

本来の生き方、自分、自分の人生の意味を取り戻すには

そういったものを一つ一つ、はがしていくことです

自分の価値観を疑ってみる

自分の考え方を疑ってみる

自分の物の捉え方を疑ってみる

自分が欲しがる欲を疑ってみる

そういった事から始めてもいいと思います

 

実は、誰かからの影響を受けている

何かからの影響を受けている

育ってくる間の周りからの影響を受けている

そして、それを自分だと思い込んでいるかもしれません

 

決め付けている概念を緩め、

心を開放していく

多くのことを受け入れられる心へと

とらわれのない心へと

 

気付かなかったことに気付き

見えなかったことが見え

聞こえなかったことが聞こえて気います

 

物事を素直に見ることができるように

心のフィルターをはずしていくのです

開放された心は、軽くなっていきます

そして、覆いをかぶっていた魂が少しずつ見えてきます

本来の自分が見えていきます

 

仏教では、座禅、瞑想、内観などで、自分を見つめることをします

しずかに時間を作って、自分の内面を見ていくことも良いでしょう

そういった方法でなくても

日常の中でも、自分に気付いていくことはできます

もしかしたら

という気持ちを持つだけで始められます

私の考えとは違う考えがあるかも

私が正しいと思っていることは、私がそう思っているだけかも

少し視野を広げる事もよいでしょう

欲についても

本当に必要な欲なのか冷静になることも良いでしょう

自分の知らない考え方に触れることも良いでしょう

広い心、開放された心に近づくとき

魂が、顔を出してきます