読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

自分を変える一歩を踏み出す

自分を変えたいと思ったら

その瞬間に、もう第一歩を踏み出しています

変わり始めています。

あせらずに自信を持って、歩を進めてください

 

例えが適当かどうか、わかりませんが

自転車に乗ろう、乗ってみようと思わなければ、乗ることはありません

乗ろうと思うことが、乗ることにつながります

ただ、乗ろうと思ったからといって、すぐに乗れるわけでもありません

進歩の具合は人それぞれでしょうが、コツをつかむまでしばらく練習します

一旦乗れるようになってしまえば、ほぼ無意識と言っていいほど簡単です

 

自分を変えたいと思ったことで、もう変わり始めています

コツがつかめるようになりますし、自分を変えることになれていきます

しばらくすると、変わった自分になれてしまいます

前の自分を思い出すことが難しいこともあるでしょう

 

では、何から始めましょうか

自己啓発本なども、多く出ていますが、どうしましょうか

私は、自分を変えていくことに、正解はないと思っています

こうするべきだ、と言うこともないと思います

こういう行動をとるべきだ、ということもないと思います

ですから、本を読んで、本に書いてあるような考え方をしたり

行動を変えていくということが、すべてだとは思いません

 

まずは、今の自分を知ることだと思います

 

これから何処へ向かうにしても、今の居場所が分からなければ

道を探すことは出来ません

今いる場所と生きたい場所が分かって、初めてその間の道を探すことが出来ます

では、自分を知るとは

自分の価値観や考え方、物の捉え方が正しいかどうかを疑ってみることも一つです

長年かかって作り上げてきた自分

すっかり慣れてしまって何の疑いも持たなくなっているかもしれません

自分の他の人は、自分とは違った価値観であり、考え方も、物の捉え方も違う

そういうことを知っておく。

もしかしたら、自分の考えがすべてではないかもしれないのです

思わず腹を立ててしまう出来事があったとして

それも自分なりの物の捉え方から生まれているのかもしれません

見方を変えれば、何も腹立たしいことでは無いかもしれません

自分の考え方の癖のようなもの

物の捉え方の癖のようなもの

自分の価値観を疑うこと

そんな所から始めてみてはどうかと思います。

 

自分を知ると、自分と異なる価値観や考え方も理解できるようになります

自分の幅が広がります

そうすることで、自分がどうなりたいかもみえてくるように思います

こういった作業は、自分一人でも出来ることではありますが

例えば、座禅止観、瞑想などに参加するのも良いかもしれません