心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

楽に生きる 

つい自分で自分を苦しめてはいないでしょうか

自分を苦しめる要因の一つ 欲

手に入れたいものを手に入れたとしても

そのものには飽きてしまい、または、別の物に目が行って

さらに欲しくなる。さらに手に入れたとしても、別の誘惑がある

欲は、欲を生み、満たしても次の欲に駆られる

結局のところ、欲のために欲を満たしているに過ぎないことがあります

 

欲しい物が手に入らないという感情が湧いてくる

十分に手に入れているではないかと思えるような人も

私は、何も手に入らないという

世の中には、もっと良い物がたくさんある

人の欲望を掻き立て、欲しい欲しいと思うように仕向けることもある

売る側にしたら、どんどん次の物に目を向けてもらいどんどん買って欲しい

次から次へと売りたい欲がある

売りたい欲に、買いたい欲

そんなことを続けていたら苦しくなってしまう

 

欲にも色々なものがあります

単純に何かが欲しいという物欲

好きな人に振り向いてもらいたいなど、愛欲

出世欲・・・・・

他にもたくさんの欲がある

 

ただ、物を手に入れたい、人を手に入れたい、地位を手に入れたい

のように、結果だけを求めていると

望んでも手に入らない事実に嫌になってしまったり苦しんでしまう

 

そういった欲を手放すこと

少しでも手放していくことで、欲に振り回されることは無くなります

 

何も求めずに生きることとは違います

どうしても必要な物のために、お金を貯めて手に入れることが欲なのか

人を愛することが欲なのか

周りの人よりも良い仕事をすることが欲なのか

そうではないと思います

 

純粋な喜びがあること、という感じでしょうか

無条件に、何の見返りもなく、ただ心からしたいことをすることを否定

するのではないのです

ただの所有欲のために、何かを手に入れる

自分に振り向き、自分を愛してほしいと願う

誰よりも早く出世する、その結果だけ求める

結果だけを望むことが、欲ということなのではないか

と思います

 

その過程、それ自体が自分の喜びであればよいのですが

結果だけを求めてしまうと、苦しくなります

本当に自分にとって意味のあることだけを

喜びのあることだけをするのであれば、

結果がどうであれ満足できるのではないでしょう

結果だけを求める、貪りを手放していくことで

ずいぶん楽に生きられると思います