心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

陶芸で、心を癒される

私は、気功師であり、陶芸もしています

Hane工房という、工房があり陶芸体験も実施しています

 

ある日の陶芸体験でのことです

ヨガも、されているという方が体験にみえました

ロクロに向かい、作品作りをされているとき

ヨガにも似たところがある。ということを言われました

土に向かい、集中すること

他事は一切無くなり、今この時に意識があること

作品作りが終わった後には、

手がすべすべして気持ちいい、と言ってみえました

 

体験が終わり、いつもの体験のときと同じように

私が淹れたコーヒーをお出しして、お話をしているときにも

癒される。ということを言ってみえました

日常と違った空間の中、土に触れること

その土に触れるという、自然なものとの触れ合いに

すでに癒しを感じる

そして、集中し自分だけの作品が出来ていく

繰り返せば繰り返すほど、土と自分の距離が近くなる

この方は、「土とお友達になれたかなぁ」と言ってみえました

自然な物に触れ、自然の中に自分が入っていくような感覚でしょう

お互いが、笑顔で、お話できました

元気になり、すべすべした手、スッキリした心になってもらえました

 

今まで私の中では、

陶芸は、陶芸。気功は、気功と分かれていたのですが

通じるものが多いのだと、あらためて感じました

教えていただきました

 

私が行う気功は、一回で、何かの不調が無くなる様に治っていく

という物ではなく、あくまでも、エネルギーの伝導です

受けていただいた方の、自己治癒力、抵抗力に働きかけます

元気になっていただくことが主です

力をもらった、スッキリした、エネルギーを感じたというものです

元気になり、抵抗力、自己治癒力が上がったことで

体の不調が取れていくようにすると言うものです

一種の癒しともいえます

 

陶芸を体験することが、癒しにつながるのなら

大いに利用していこうと思います

気功でも、陶芸を通じてでも、帰るときに元気になっていただくことが

私にとって大切なことだから

 

今後、助言を生かすように

陶芸と気功を上手く利用していこうと思います