読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

豊川稲荷へ ご祈祷と点心

 

豊川稲荷へご祈祷を受けに行ってきました

ここ数年、一月の恒例行事になっています

 

思い起こせば、豊川稲荷へ行くようになったのは、ここ数年ではありません

私が小さい頃には、両親とともに言っていた記憶があります

母に聞いてみると、やはり1月には、両親に連れられ来ていたようです

さらに、母は、多い時には毎月来ていたそうです

 

はっきりとは覚えていないことですが

幼いころの記憶が体の奥に染みついていて

懐かしさからか向かわせるようです

特に、食事を覚えていて、数年前久しぶりに食べたときには

とても懐かしさを感じました

f:id:kikouryuuou:20170113200258j:plain

精進料理です

懐かしく、とてもおいしく、残すことなくいただきました

 

f:id:kikouryuuou:20170113200442j:plain

本殿です

この建物の中で、ご祈祷をしていただきました

 

ご祈祷と、点心(食事)の後は

外から本殿を拝み

狐塚など豊川稲荷の中を順に廻っていきました

 

この日、13日(金曜日)

平日にもかかわらず

多くの参拝者さんがいらっしゃいます

毎年のことですが、豊川稲荷のお利益を求める方の多さにびっくりします

ご祈祷中も、東京や横浜など遠方からの方も多くいらっしゃいました

 

さて、今月も多くの神社仏閣に出向いているのですが

なぜ、多くの神社仏閣に行くのか

それは、神社仏閣が好きだから、単純ですが、そういうことです

そして、毎年のことだからということもあります

続けているうちに、毎年のお決まりごとになっています

何故か、一月には、ここへ行きたいという場所ができています

今年一年を、私はこうして送るのだと宣言したいのかもしれません

 

神社仏閣に、何かを求めるというよりは

私自身こうして新しい年を迎えることができている

そのことへの感謝です

有難く、生かさせていただけることが嬉しいという感じです

昨年まで、無事に生きてこられたからこそ今があります

そのことが、有難いことです

そして、今年一年を迎えられている

希望を持つことができている

願いを持つことができている

なんという幸せなことでしょう

 

ご祈祷を受ける間、もう一度自分をリセットし

食事をいただきながら、味わいながら

自分の中に力が湧くことを感じ

さあ、明日からまたと、思いを馳せる

 

今日もしあわせな一日でした