心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

我が家の節分

毎年の恒例行事の一つ、豆まきです

ここ数年、妻と二人で豆まきをしていましたが

今回は、子供が一人加わって三人での豆まきでした

 

豆まきをしていますと、昔のことを思い出したりします

子供が小さい頃は、鬼のお面をつけて鬼の役をしたこと

昔、まだ飼っている犬が生きていたときのこと

 

毎年恒例の行事には、毎年の光景が思い出として残っていて

毎年、新しい光景が加わり、そして、昔の光景が思い出される

そういう意味では、良いものだと思います

 

子供たちが幼い頃には、

豆についていた鬼のお面をつけて

子供たちに豆をぶつけられながら外へ逃げたなぁ

そんな頃は、私達も若くて

みんな年の数の豆を食べていたっけ

 

犬を飼っていた頃は、

豆まきの後は、犬が喜んでいたなぁ

自分も豆をもらえるから

喜んで豆を食べていたなぁ

 

今年

もう年の数の豆を食べるなんて思いもしません

そんなに食べることができません

私自身幼い頃には、

年の数の豆では物足りなかったのですが

今では、もう、年の数は多すぎです

 

そんなことを思い出しながら

今年がきっと最後になるであろう

三人での豆まきを楽しみました