読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

子供の瞳の美しさ

ゴールデンウイークを利用して

普段集まることが難しい皆さんと、集まってのバーベキューです

集まることが難しいと言うのは

仕事の休みが合わないということもありますが、

幼稚園に行くようになった子供たちと合わないからということもあります

子供たち

私達の子供ではありません

姪っ子の子供です

その姪っ子を抱っこしていた日が、昨日のように思い出されますが

今では、その姪っ子の子供と遊んでいます

 

姪っ子の子供は、女の子が二人です

上の子とは、赤ちゃんの頃から接していて、もう慣れっこになっています

下の子は、この前会った時には、人見知りから泣かれました

あれから6ヶ月、今日も泣かれるのでしょうか

 

二人の子供と会うと

二人とも満面の笑みでした

前回泣かれてしまった下の子は、この半年で、赤ちゃんの顔から

子供の顔へとすっかり成長しています

 

この子供たちの、瞳の美しいこと

キラキラと輝いています、一点の曇りもなく、透き通っています。

泣かれるかな?と言った不安はすぐに吹っ飛んでいます

もう、可愛くて仕方がありません

 

私が動くと、ずっとついてきます

部屋を移っても、外へ行っても

透き通ったキラキラした瞳が、ついてきてくれます

 

この透き通ったキラキラした瞳

まさに、天使のようです

仏様の悟りとは、このことなのではないかと、ふと思いました

 

解き放たれた瞳

何の疑いもない瞳

全てを受け入れて行きそうな瞳

こんな瞳で、人様と接することが出来たなら

接した人も、思わず心を開くのではないでしょうか

 

純粋な瞳

純粋な心

見習いたいところが、たくさんあります

 

久しぶりに会った子供たちに

忘れかけていた思いを、思い出させてもらったようです

素直な心、純粋な心、開放された心

それらが、美しい瞳となり

出会う人達との距離を縮めていくのではないか

 

この子供たちを見習って

少しでも、解放された人になって生きたいと

あらためて感じた日でした