心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

手放す

少し前になりますが、NHK心の時代に

末期のがん患者らが最期の時を過ごすホスピス病院にて

病院のチャプレン(牧師)として、死を前に葛藤する患者の言葉を聞き、

多くの人々をみとってきた藤井理恵さんが出演されていました

 

お話の中で、藤井理恵さんが、患者さんの話を紹介されている場面で

手放さなければ、前に進めない という言葉がありました

 

脳の手術後のリハビリをされている患者さん

半身に障害があり、片方の手足の自由が利きません

手のリハビリをする中で、やっと物をつかむことが出来るようになったそうです

しかしながら、つかんだ手を開くことがまだ出来ない

そうしますと、手すりにつかまりながら、歩行のリハビリをするとき

やっとつかむことが出来るようになった手で、手すりをつかんで立つことが出来ても

離すことが出来ませんので、その場から一歩も前に進めない

その場面での言葉なのですが、

この言葉は、この場面をあらわすだけではありません

 

私自身、昨日のブログに、欲について書いているのですが

手放すことが難しくて、前に進めない状況があります

自分という、自分で思い込んでいる自分像にしがみついていて

今の自分から先へ進めない状況

 

思い込み、欲、価値観、考え方、捉え方・・・・・

そういったものに支配された、今までの自分

手放すことが出来ないものが多くありすぎます

その、多くのものが私自身の前進を、妨げてもいます

 

頭では理解できても、実際に手放していく作業は難しいものだと痛感します

それでも、手放していくことが出来たらと思っています

心が軽く広くなっていくように、新しい自分に変わっていくことを楽しみに