心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

癒しと、治癒について

ヒーリングという言葉をよく耳にします

ヒーラーという人も

 

ヒーリングとは、癒しであり

ヒーラーとは、癒す人です

 

では、ヒーラー(癒し手)によるヒーリングを受けることで

何が起きるのでしょう

 

治療がなされるのでしょうか

癒しがもたらされるのでしょうか

 

私は、ヒーラーは、癒し手であり、癒しをもたらすと思っています

私自身、癒しをもたらすために、気功師をしています

では何らかの症状を持つ方が、ヒーリングを受けたとき

治るのか

 

治りますとも、治りませんとも言い切ることが出来ません

治癒は、その人の体の中で行なわれるものだと思うからです

 

次のような台詞を耳にすることがあると思います

「手術は成功しました、後は本人の気力ですね・・・・」

「お薬は出しておきますが、安静にして、栄養を十分に取って・・・」

最終的には、本人が、自分を治していくのです

 

当然、良い医者に良い治療をしていただくことは、

治癒のために必要なことです

症状にあった薬をいただくことも治癒に必要なことです

それらは、治癒を促すためのものであり、治癒するかどうかは、本人次第です

 

自分をいたわることなく無理をしては、治るものも治りません

落ち込んで気力をなくしていても、同じことが言えます

 

そこで、癒しという言葉を出したいと思います

癒しは、本人が、自ら自分の治癒に向かうために必要な助けになります

心や、体が癒されることで、リラックスできる、気力が湧く

快方に向かえるような気持ちになる・・・・・

自分自身が治癒に向かうようになれます

 

ヒーリング = 治癒

と言うことではありませんが、

ヒーリングによって、治癒に向かうとは言えます

 

私自身が行なう気功が、医療の代わりになるものとは思っていません

あくまでも、ヒーリング(癒し)のために気功を行っています

病院にかかることも、薬を服用することも否定することはありません

苦痛や、不調をもつ方が、少しでも楽になることが大切です

 

苦痛や、不調の中でも

あなたは、貴重で必要な存在であること

生まれてきたことには、必ず意味があること

今、現在置かれている状況にも意味があること

全てに意味があり、乗り越えられないことはないということ

あなたに寄り添う、大きな偉大なエネルギーがあること

いつも、誰もが、守られていること等々

 

気功のエネルギーにのせて、伝えて行きたいと思っています

ヒーラー、癒し手として

治りたいという気持ちになることが出来るように

苦痛や、不調の中でも希望がわくように

少しでもエネルギーを感じていただけるように

希望がわくように