読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

シタール タブラ 演奏を聴く

滋賀県日野町の、ラッコやさんでのイベントに参加しました

シタールとタブラの夜というイベントです

f:id:kikouryuuou:20160820133827j:plain

参加した理由は、偶然の出会いからでした

 私たちは、よく滋賀県に出かけます

その際、竜王かがみの里という道の駅によく立ち寄ります

7月のある休日も、このかがみの里に立ち寄りました

すると、お店の外のイベントに使われている場所で、

変わった服を売っています。

変わったと言っても、お話を聞くと、

タイ、インドなどアジアから輸入した衣服でした

インド綿のロングTシャツ、お店オリジナルのインディゴ染

を施したものなどがあり、色々な種類がありました

私には、生地の感じデザイン共に好きなシャツでしたので

形、色などが気に入ったものを、2枚購入しました

 

お店を離れた後、ふと思いました。

もっと欲しくなったとき、どうすればいいのか

このお店、常に出店しているわけではないのです

7月中は、出店していると聞いていたので

別の休みの日に、もう一度、連絡先を聞きに顔を出してみました

初めての時にも、結構お話していたこともあり

私のことを覚えていてくれました

今回は、さらに色々な話をしていますと

実は、シタール奏者という話になりました

8月にイベントがあることをお聞きし、今回聞きに行くことになったのです

 

ちょっとした出会いが、さらなる出会いをくれる

今回のイベントは、とても楽しい物でした

初めて聞くシタールも良かったですし

初めて聞くタブラもまたいい音がするのです

タブラは、高音と低音用、二つの太鼓のような楽器でした

奏者の方は、オーストラリア人でした

素晴らしく綺麗な目をされていました。すがすがしいオーラ

どうしたらこんな、透き通った目ができるのだろうと思うほど

すぐに、その人柄に引き込まれました

ご本人は、日本語は話されないようでしたが

奥さまは、日本の方で少しお話させていただきました。

今回のイベントに来なければ、出会うことはできませんでした

 

素晴らしい人柄に触れることができ

初めての楽器を聞くことができ

美しい音色に包まれ、良い時を過ごさせてもらいました

出会いが無ければ、一生こんな間近に体験することは無かったでしょう

 

少しの勇気を出して、話しかけてみることで

知らない世界が開け、新たな出会いがあること

これからも色々な場所で、色々な人に

私なりに声をかけていきたいと思います