読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

心を癒す光 多賀大社 神あかり・城あかり

今回の休日は多賀大社を中心に出かけました

昼食は、池田牧場の香想庵にて、やさしい田舎料理をいただきました

お野菜を中心としたメニュー、やさしい味に癒されます

何より、こちらでいただくご飯が好きです

用意されているのは、新米。ピカピカ輝いています

いつものように、お代わりをして

玄米のおかゆもいただきます。

この日は、しとしと雨が降っていたのですが

窓からみえる自然の木々が、雨に濡れているところも、また良いもの

普段とは違った雰囲気を感じます

 

食事の後、今回のデザートは、ケーキ

f:id:kikouryuuou:20161029100528j:plain

場所を変えて、いせとうさんで、いただきました

 

食事を済ませ、多賀大社へ向かいます

f:id:kikouryuuou:20161029100807j:plain

小雨が降ったりやんだり。

幻想的な雰囲気がありました

私は、雨の多賀大社に、なぜか惹かれています

この時期、多賀大社では、”神明かり”というライトアップが行われています

住民の方の手作りのライトアップです

祈りの石ころ明かり

と言うらしく、境内の砂利の部分に石ころのようになったLEDが

数多く置かれていました

ライトアップまでは時間がありましたが

ぜひ見てみたい。暗くなるまで散策へ

多賀大社前の通りにある、雑貨屋さんでお話をしたり

長浜、黒壁スクエアへ足を伸ばしたりしました

そして、日は暮れて

f:id:kikouryuuou:20161029101708j:plain

f:id:kikouryuuou:20161029101721j:plain

小石に見立てて置かれている明かりと

奥の、木々を照らす明かりが、青、紫、オレンジなどに変化します

この日は、雨。それに加え少し霧も

光が雨や霧に映って、空までライトアップされているようにみえます

 

神様と、本殿をつないでいるように見えます

神様へ、何かが上がっていくようであり

神様から、何かが降りてくるようでもあり

とても素敵な光景です

雨ということだからでしょう、境内には私達以外誰もいません

この美しい境内を独占させていただきました。ありがたいことです

 

この日までの疲れなど、どこかへ吹っ飛んでいきます

美しい光に触れると、癒されていく

 

私達人間の本質にあるものが、光だからでしょう

神仏も、光

美しい光が、神や仏を感じさせ

人間の本質である光に働きかけてくるのでしょう

自分の中にある、光が、輝きだすように感じます

 

ライトアップは、多賀大社だけではなく、彦根城でも行われています

”城明かり・神明かり”というそうです

今回、私達は彦根城に行くことは出来ませんでしたが

お聞きした話では、彦根城のライトアップ、美しいそうです

お時間のある方は、両方まわられると良いのではないでしょうか

 

これからの時期、紅葉など観光に良い時期になります

紅葉にはまだ少しかかりそうですが

明かりを見に行くのも良いようです