心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

人は皆、過去に取り憑かれている!?

ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者

ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニア氏の半生を描いた

ビューティフル・マインドという映画があります

映画の中で、ナッシュ氏は、統合失調症で、幻覚を見ます

詳しい映画の内容は、おいておくことにしまして・・・

 

映画の終盤に、次のような主人公の台詞があります

「人は皆、過去に取り憑かれている」

私に、この言葉が残っています

 

主人公のナッシュ氏は、友人、少女、任務を課してくる男の幻覚を見ています

これらの人物が、ナッシュ氏に取り憑いているかのごとく

絶えず彼の周りに出てきます

そんな幻覚に取り憑かれたナッシュ氏の台詞です

 

確かにそうだと思いました

人は、生まれてから今日までのこと

つまり、過去に影響されています

取り憑かれているという表現は過激かもしれませんが

確かにそう言えます

 

輪廻転生を信じる私としては、

前世、過去世。つまり、今生の生を受ける前までの

繰り返された転生の中での出来事に影響されている

過去生でのことに取り憑かれているとも言えます

 

私自身の経験も含め

この世に宿った命(赤ちゃん)には、個性があると思います

妻のおなかにいる時にも

一人目の子供と、二人目の子供には違いがありました

生まれてからすぐの赤ちゃんのときにも違いはありました

私には、生まれ持った個性を持っているように思えます

更に、成長していくにつれ多くのことを学び

どんどんと個性を感じるようになっていきます

 

そして、今現在このときも

誰もが皆その影響を受けています

目の前の物事を捉えるときに

その物事について考えるときに

判断するときに

答えを出すときに

私達は、すべて今に至る過去の影響の下にあります

 

過去が違えば、

捉え方も

考え方も

判断も

答えも

全てが違うはずなのです

 

私は、私。私の価値観で判断していると思いながら

多くの過去の影響を受けています

私は私。その私は、本当の私なのでしょうか

過去に取り憑かれているに過ぎないのではないでしょうか