読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

痛み 治療をあきらめない

つらい痛み苦しみ、絶対に治らないとは言い切れないはずです

ところが、簡単に「治りませんね」という言葉で、片付けられている方がいる

しかも、体に触れることも、詳しい話を聞くことも無く

レントゲンの画像を見ながら。

「とりあえず、リハビリしましょうか」と言われ、リハビリに通う

リハビリでも、「治らないですね」と言われながら、とりあえずメニューをこなす

 

たくさんの症例を見てきて、この症状と、レントゲン画像から

治らないと判断することに間違いはないのでしょう

元通りに、回復することはありえないと言えるのでしょう

治りませんと言ったことに文句があるわけではありません

 

言われた方は、その一言で、あきらめてしまうことがあります

「もう治らないんだ」

「リハビリしても効果は無いのだな」

そんな気持ちで、リハビリを続けて成果が出るのでしょうか

あきらめたことを、悪く言うわけではありません

「治りません」といわれて

素直に、そうなのだと思っただけなのですから。

 

手当てを行う私自身について考えるのです

どうしたら痛みが続く方に、希望を持っていただくか

治らないとは決まったわけではない。少しでも良くなると

 

痛みの中には、すぐにとれていくものと、とれないものがあります

始めに向かった先で、最初に書いたように「治りません」と言われても

あきらめずに、次の治療先を探す方もいます

何軒も、探す方もみえます

症状にあった治療がされて、痛みが取れる方もいます

いつまでも、痛みを抱え続ける方もみえます

 

すべての痛みに悩んでみえる方に、あきらめないで欲しいと思いますし

私自身、手当てを、あきらめてはいけないと思います

若いか年配か、症状がどういうものであろうと

 

痛みに対する考え方も、探求していかなければと思います

単に、体の一部分が問題なのか

体の他の部分の影響もあるのか

体だけの問題なのか

ストレスなど、内面の問題が絡んではいないか

症状を緩和するために、乗り越えなければならない問題は無いか

時間が必要なこともありますが

向き合っていくことが出来ればと思います

その間、あきらめてしまうことが無いようなサポートもしなければ

いけないと思います。

 

私だけではなく、私以上に、痛みに立ち向かってみえる治療家さんは

大勢みえると思います

現在痛みを抱えてみえる方は、とてもつらいと思います

その辛さが、和らぐすべが見つかることを期待します

あきらめないことは、簡単ではありませんが

痛みの原因となる問題が、痛みのある部分意外にあるかもしれないですし

出来ることは、まだ他にもあるかもしれません