心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

南知多ビーチランドで、元気を頂く

休日、久しぶりに南知多ビーチランドへ行ってきました

子供が小さい頃、家族で来たことを思い出します

 

家族と来ていたときとは、随分変わりました

場所は同じですし、展示している建物も変わっていないようには思いますが

展示の仕方は大きく変わっています

 

距離感ゼロ

ふれあい

という言葉が多く聞かれました

 

実際、お魚にじかに触れることが出来る展示があり

小さな子供たちが、楽しそうに手を伸ばしていました

また、イルカや、アシカ、アザラシに触ることが出来たり

ペンギンや、海がめに餌を与えたり

カワウソと握手が出来たりと、色々な企画がされていました

 

私達も、カワウソと握手。イルカにタッチに参加しました

カワウソの小さな手。とても可愛い手でした

握手というよりは、餌をねだって出してくる手に触れる

その手に、餌を渡してあげるという感じでしたが

とても可愛らしいカワウソに、笑顔になります

 

イルカふれあいプールに、ひざまで水に入り

イルカに触ることが出来ました

飼育員さんの誘導の下、おとなしくじっとしているイルカ

子供だけでなく、大人も楽しめます

f:id:kikouryuuou:20170722102611j:plain

イルカふれあいプールです

 

この浅めのプールに二頭のイルカがいます

昔訪れた際は、バスケットボールが浮かんでいて

イルカが鼻先で上手にプールの外へボールを出して

拾ったお客さんが、プールへ投げ返すという

イルカとお客さんのキャッチボールみたいなものがありました

今日は、ボールがなかったので、飼育員さんに聞くと

今は、写真の奥に写っている黄色い浮きが二つつながったものを

おもちゃにして遊んでいるそうです

 

こうした触れあいのできるイベントも楽しいのですが

私には、飼育員の皆さんの表情が素敵でした

笑顔で、大きな声で、分かりやすく話してくださいます

こちらの質問にも、笑顔で丁寧に答えてくださいます

多くの若いスタッフが、皆元気で、笑顔で素晴らしい対応をしてくださいます

 

スタッフの方々、飼育員の皆さんの笑顔と

サービス精神に、私達も満面の笑顔になることが出来ました

素晴らしい時間をありがとうございました

 

次回は、イルカとアシカのショーについて