心も体も生き生き元気に 

日々の出来事の中から、心と体が元気になるような記事を書いていきます

大和三山巡り 畝傍山

大和三山巡りの最後に、畝傍山へむかいました

ふもとには神武天皇陵、神武天皇を祀る橿原神宮があります

今回は、橿原神宮がある側とは反対、山の西側に廻ってみました

f:id:kikouryuuou:20200807102044j:plain

西側から見る畝傍山の表情は別の山のようです

何故こちら側に来たかと言いますと

先ほど参拝させていただいた、耳成山口神社に続き

畝傍山口神社を参拝しようと思ったからです

 

山のふもとに神社があるはずですが場所がわかりません

駐車場が数台分あるはずなのですが、たどり着けません

ナビを確認しますと、神社へ向かう細い道がありました

車一台分、すれ違いなどできない道ですが、入っていきますと

神社にたどり着くことができました。ご縁がありました。

f:id:kikouryuuou:20200807102638j:plain

畝傍山口神社の拝殿です

駐車場からはとても近くて、階段を数段上がるだけです

参拝させていただき駐車場側に振り返りますと

f:id:kikouryuuou:20200807102825j:plain

二上山が見えていました

フタコブラクダの様に二つの山頂が見えています

春分の日秋分の日には、この山の雄岳、雌岳の間に日が沈むそうです

飛鳥の時代には、日が沈む山=黄泉の国と考えられていたでしょう

 

朝、東の空から昇る太陽のかなたに、常世の国を思い

夕、西の空に沈む太陽のかなたに、黄泉の国を思う

そんな時代を思ってみます

 

大和三山巡りを終え、帰路につきます

f:id:kikouryuuou:20200807103603j:plain

帰り道の途中、三輪山が見えていました

神奈備山です

ふもとには纏向遺跡が広がります

古墳時代から、明日香に宮ができるまで

三輪山は太陽信仰のシンボルだったでしょう

今も大神神社はこの山をご神体とし、東に向かって参拝します

 

美しい山々を愛でた一日でした

 

 

大和三山巡り 耳成山に向かう

天香久山に続き、耳成山へ行ってみました

車での移動なので、わずかな時間で到着します

f:id:kikouryuuou:20200806151639j:plain

このお山も美しい形をしています。

当時の宮の方角から(南から)眺めてみます

 

耳成天の南側には公園があり、池があり、

池の更に南側に駐車場があります。

こちらに車を止めて、耳成山はすぐそこです

f:id:kikouryuuou:20200806151912j:plain

耳成山に到着しますとすぐに山口神社の鳥居が見えます。

山のふもとに神社があるのかと思いきや、ここには鳥居だけでした

山道を7分ほど登ったでしょうか

f:id:kikouryuuou:20200806152108j:plain

拝殿に到着しました

拝殿前には猫が寝ています

慣れたものなのでしょう。近づいても写真を撮ってもそのままでした。

 

猫を横目に階段を上り参拝させていただきました

宮が藤原京にある時代、宮の北に鎮座するこの美しい山を

人々はどのように眺めていたのでしょう

遠い昔の人を思ってみます

 

この神社は、山の頂上ではなく、8分目あたりだそうです

もう少し頑張れば山頂ですが、神社に参拝できましたので

下山し、畝傍山を目指します

天香久山 天香山神社

大和三山巡りの始めは天香久山を明日香の地から眺めることでした

飛鳥時代、明日香に宮があったころ、天香久山を南から眺めていました

私も南から眺めてみた後、次の宮である藤原京へ向かいました

f:id:kikouryuuou:20200804113921j:plain

藤原京から見た天香久山です。藤原京からは東に見えています。

 

この地に移るまで天香久山を北に見ていました

藤原京からは、東にあり太陽が昇ってくる山となっています

 

太古の仏教が伝来する以前の信仰の形は、自然崇拝でした

太陽崇拝はとても重要なものだったはずです

藤原京に宮が移っても天香久山はやはり重要な山だったのです

 

この場所から眺めますととても近くに感じます

遠い昔、人々は特別な思いでこの山を眺めていたのかと思うと

とても神聖な山に見えてきます

f:id:kikouryuuou:20200806150827j:plain

西側に目をやりますと、畝傍山です

とても綺麗な形をしています。

また、とても近くに見えます

f:id:kikouryuuou:20200806150941j:plain

池と木々の奥に耳成山があります

藤原京から北には耳成山が望めます。

 

藤原京に立ってみますと

周りは遠くの山々に囲まれています

近くには、耳成山畝傍山、そして天香久山があります

山々に囲まれたこの平たんな場所に宮を置いた気持ちが

私なりに理解できるような気がしました

 

 

 

 

大和三山を巡ってみました 天香久山

飛鳥時代、現在の明日香村に宮が置かれていました

天皇が変わると、宮も別の場所へ変わっていきます

亡き人の後、同じ場所を使うことは避けたのでしょう

 

のちに持統天皇の時代には宮は藤原京に定められ

天皇ごとに宮が移されることはなくなります

 

明日香の地に宮があったころ

その地に宮を作った理由は何だったのでしょう

藤原京の場所に宮を定めたのはなぜなのでしょう

 

そこには周囲の山(神奈備山)の存在があります

神奈備山とは、神の宿る山、神聖な山です

形の美しさはもとより川が流れ、稲作を行っていた頃の

恵みの水をもたらしてくれる山です

 

大和三山の中の先ずは天香久山です

f:id:kikouryuuou:20200803105349j:plain

明日香村の水落遺跡から眺めてみました

飛鳥時代宮から真北に天香久山を見ていたはずです

また、山の上空に北極星を見ていたはずです

まさに、世界の中心的な神奈備山だったでしょう

 

私もこの場に立ち、この眺めを見てみました

飛鳥時代の人々が見ていたであろう眺めを

とても気持ちの良い時間です

 

万葉集の歌にも多く読まれている天香久山

当時の人々にとってとても重要な山だったことでしょう

白髭神社 二つの空気感

滋賀県高島市白髭神社を参拝

パワースポととして有名なのでしょうか

関東に住む子供がテレビで紹介されていたと言っていました

琵琶湖に浮かぶように見える鳥居は観光名所になりそうです

f:id:kikouryuuou:20200730173924j:plain

この鳥居は駐車場のある境内から、国道を横断したところにあります

以前は自由に横断していましたが、最近は横断禁止になっております

ですので、横断はせずに写真だけ撮らさせて頂きました

f:id:kikouryuuou:20200730174225j:plain

こちらの神社は国道161号沿いにあります

この国道は走りやすいためか速度の速い車が多く

また神社のあたりはカーブになっていて見通しが悪く

横断するには勇気が必要です

写真の鳥居と拝殿は、国道に面しています

 

こちらの拝殿の横が駐車場になっておりまして

拝殿の奥には緑に囲まれた山となっています

この山には磐座、古墳があります

 

駐車場に車を止めて、湖の鳥居を眺めたり

拝殿にて参拝したりした後、

拝殿横から階段を上がり山へ入っていきますと

空気感はがらりと変わります

 

鳥居や拝殿のあるあたりが観光地(光を観る場所)とするなら

山は神聖な空間という感じでしょうか

上手く表現できません・・・・

f:id:kikouryuuou:20200730175121j:plain

磐座です。この磐座の横には岩戸社があります

このあたりが白髭神社の境内の一番奥になるのでしょうか

このあたりでしばらく山の空気感を感じさせて頂きました

 

鳥が鳴き、セミが鳴きといった自然を感じるだけでなく

白髭神社独特の空気感があるのだと感じます

鳥居や拝殿のあたりとは全く違います

 

この地に多くの古墳があるからなのか

この地だからこそ多くの古墳があるのか

神社の境内だからなのか

この地だからこそ神社が作られたのか

私には、この場所が特別な場所だからこそ

古墳が作られ神社が祀られたのだと思いました

 

 

 

 

 

 

太郎坊宮 千日大祭へのご縁

滋賀県東近江市にあります阿賀神社(太郎坊宮)

時々参拝させて頂いております

巨石がむき出しになった三角形の山の姿は

遠い昔は自然崇拝されていた場所ではないかと思わせます

f:id:kikouryuuou:20200730110845j:plain

こちらは本殿前の通路になります

夫婦岩です。大きな岩の切れ間を歩いていきますと

生まれ変わるように感じる人もいると思います

 

先日参拝に伺った際、風鈴絵付け体験の看板に

なぜか惹かれ、参集殿へ向かいました

長浜市にあります黒壁とのコラボ企画のようでした

 

美しい音に乗せて短冊に書いた願いが神様へ届きます

巫女さんの説明を受けて、体験させていただきました

 

妻に絵付けは任せて、私はしばし太郎坊宮を感じさせて頂き

良い時間を過ごしていますと、受付をしてくださった巫女さんが

様子を見に来てくださいました。

 

絵付けの話から、巫女さんと話が弾み・・・

7月23日24日に千日大祭がもようされること

特別祈祷では、巫女さんが雅楽舞をされることをお聞きしました

これは千日大祭へのご縁と思いまして、24日に改めて参拝いたしました

f:id:kikouryuuou:20200730112723j:plain

10時過ぎに到着、特別祈祷が行われる拝殿へ向かいました

すると、先日お会いした巫女さんがいらっしゃいました

しかも私たちのことを覚えていてくださいました

そうしたちょっとしたことが嬉しいです

少しお話をしていますと、10時半から神事があるとのことでしたので

私たちも、見させていただきました

 

神事の中でも、巫女さんの神楽舞が奉納されました。

どこで見させていただいても巫女さんの舞は素敵です

特別祈祷では神職様の太鼓に合わせた舞があり

この日は二種類の舞を見させていただくことができました

 

御祈祷を終えて初めて知ったのですが

千日大祭では、千日、参拝に伺ったご利益があるとのこと

知りませんでした。ご縁に感謝です

 

御祈祷の後は本殿へ向かい舞台からの美しい景色を楽しみました

遠くには、比叡山も望めます

素晴らしい景色を見降ろし、何もかもが小さく見えますと

自分という小さな存在が、何をあたふたとしているのかと感じられます

ゆったりと、広い視野を持って生きていたいと

改めて感じさせてくれます

 

 

瓜割の滝で、流される

福井県若狭町、若狭瓜割名水公園内

天徳寺境内奥、瓜割の滝へ出かけました

 

前日までに計画を立て出掛けることもあり

当日の朝に思い付きで出かけることもあり

この日はとりあえず家を出て・・・・・

そうだ、瓜割の滝へ行ってみよう、とひらめいて

 

奥琵琶湖を横目に見ながら、車を進め

山間の自然豊かな道を福井へ向かいます

ドライブしているだけでも癒されていく景色が続きます

若狭街道から、丹後街道を進みますと瓜割の滝の看板が現れます

国道27号(丹後街道)からほんの僅かで、駐車場につきます

 

駐車場には水汲み場が用意されていて、この日も多くの人々が

ペットボトルや、ポリタンクに水を汲んでいらっしゃいました

名水百選に選ばれていて、おいしい水全国2位と書いてありました

ちなみに一位は神奈川県の秦野の水のようです

 

駐車場は無料、滝までは険しい道などなく、すぐに到着できます

f:id:kikouryuuou:20200728094724j:plain

水が流れている川へは柵があり立ち入り禁止です。

修験道霊場であり、不動明王が祀られ聖域とされています

鳥居と正対し参拝させていただきました

川のこちら側から反対側にわたる橋が架かっていますので

f:id:kikouryuuou:20200728095044j:plain

橋の上から水の流れを写すこともできます

f:id:kikouryuuou:20200728095129j:plain

この場に立ちますと、空気感が変わります

蒸し暑い日なのですが、

この場所だけはクーラーが効いているかのように涼しいです

雨降りが続いていますので、いつもより水量も多いです

 

川の流れを感じていますと

自分がいかに物事に執着しているか、考えさせられました

私には執着していることが多くあり、それらが私の心に留まり

固まっているように感じます

 

自分では何かをしたい、向上心を持っているつもりでいるのですが

聞こえの良い向上心という言葉を用いながら、執着しているのです

何かを始めなければならない。何かをしなければならない

そんな思いは自分にのしかかるものでしかないにもかかわらず・・・

 

流れていなければ、滞るだけです

滞り続ければ、前には進めません

この場で苦しみ続けるだけです

 

わかっているはずなのですが

流れていこうとしているはずが、気づくと留まてしまっています

 

自分がいかに留まっているか、執着が離れずにいるか

この滝が教えてくれているようでした

いつもより流れの強いこの日は

流れれば流れるほど、力強くなるのだと教えてくれているようでした