心も体も生き生き元気に 

愛知県稲沢市の気功師りゅうおうが、心と体が元気になるような記事を書いていきます

ホタル観賞してきました

毎年この時期のお楽しみ。ホタル

今年も、変わらず、同じ時期、同じ場所

またホタルを鑑賞できる。しあわせです

 

休日を利用して、ホタルを見に行くのですが

ホタルの鑑賞は夜です

それまでの間は、観光と、晩御飯の買出し

夕食を持って、明るいうちに現地へ向かいます

 

今年はと言うか、今年こそは、やってみたいことがあります

それは、ホタルの撮影

これまで上手く行ったことがありません

ホタルの撮影に来ている方に、撮影の方法を聞いたのですが

毎年真っ暗な写真しかありません

 

今年は気合を入れて、ホタルを見に行く前日の夜に準備をしました

カメラは、ミラーレスです

助言をいただいたので、バルブ撮影用にリモコンも用意しています

そして、写真を撮ってみます

長い時間シャッターを開きっぱなしにしても、やはり真っ暗です

撮影方法に間違いはないはずなのに、なぜ?

色々探っていって、気になったことは、ISO

ISO感度を高くすると聞いていたので、上げてはいるのですが、オートでした

ISOの設定を、固定の800にしてみて撮影すると、写真が明るくなりました

ここに問題があったようです

今年は、ホタルの撮影に期待できます

f:id:kikouryuuou:20170624123240j:plain

飛び始めの時間です

なんとかそれらしいホタルの光が取れました

f:id:kikouryuuou:20170624123350j:plain

f:id:kikouryuuou:20170624123443j:plain

f:id:kikouryuuou:20170624123514j:plain

飛び交うホタルと

美しい風景を一緒に写真に収めることはできていませんが

私にとっては一歩前進

私の古いミラーレスでは無理なのかとあきらめていたホタルの光が

写ったことで、大満足でした

 

f:id:kikouryuuou:20170624164836j:plain

この日、近くの小学校の先生・保護者・児童さんが、虫取りを持ってやってきました

何事?

ホタルを採って、交尾産卵させて、ホタルの保護をする活動だそうです

数年前、ホタルを守る会の会長さんに出会った際にもお話を聞きましたが

ホタルを守る方たちがいて、楽しませていただいているのだということを

あらためて心に刻み、ありがたく楽しませていただきました

地域の皆様、ありがとうございます

 

 

 

 

 

朝の散歩 嬉しい瞬間

毎朝の日課になっている散歩

先日、朝から日差しが強く暑い日がありました

この日、朝の散歩でたまに見かけている方と一緒になりました

いつもは、「おはようございます」の挨拶だけを交わすのですが

「木陰は涼しくて気持ちがいいですね」と始めて挨拶以外の声をかけました

散歩コースは、桜並木が続いていまして、木陰が出来ています

「ここは歩くのに最高ですね」と、言葉を返していただきました

 

そして、今朝の散歩

数日ぶりに、その方と会いました

今朝は、その方から声をかけてくださいました

とてもにこやかに

 

たいした話をするわけではありませんほんの一言言葉を交わしただけですが

とても嬉しくて

朝からハッピーな気持ちになりました

 

ツバメの季節

今年のツバメも旅立ちの季節になりました

我が家の軒下には、毎年ツバメがやってきます

今年もやってきてくれたのね。と思う気持ちと

全ての子供が無事に巣立っていくだろうかという不安が交錯します

 

 

さて、今年のツバメは・・・たくましいツバメでした。

何がたくましいかと言いますと

スズメに負けていませんでした

 

よく目にするのは、スズメに巣を滅茶苦茶にされてしまう

ツバメの子供たちがいじめられてしまうという風景

今年は、スズメが近づくと、大きな声を上げてスズメに向かっていきます

親鳥が代わる代わる巣の近くにいて、隙を与えない

 

そして、雛たちは無事に大きく育ちました

今年の雛は少なくて、2羽

ただいま飛行訓練中?のようです

f:id:kikouryuuou:20170619134653j:plain

いつもの電線にとまっているのは、親鳥かな?

かれこれ10分以上この状態です

f:id:kikouryuuou:20170619134746j:plain

周りを気にしだしたのかな

お互い違う方向を見ています

f:id:kikouryuuou:20170619134914j:plain

一羽、加わりました

羽根を広げて、歓迎しているのでしょうか

f:id:kikouryuuou:20170619135015j:plain

そして、家族全員集合かな

 

何とも微笑ましい光景を見ることが出来ました

私の心も、ほっくりしました

木曽三川公園へ散歩に

久しぶりに、出かける予定の無い、のどかな休日

買った本が溜まっているので、朝から読書

お昼休憩に、食事をとりながらニュースを見ていましたら

木曽三川公園でアジサイが見頃ということを知りました

 

我が家から公園まで、車で20~30分程でしょうか

読書で疲れた目を休める、また、気分転換に散歩に出かけることにしました

梅雨に入っていますが、空は快晴です

気温は高いのですが風が気持ちよくふいています

外に出てみて、正解でした

f:id:kikouryuuou:20170617092917j:plain

今の木曽三川公園は、アジサイ、温帯性スイレン、メラレウカ(スノーインサマー)

こういった植物があるようです

f:id:kikouryuuou:20170617093140j:plain

温帯性スイレンです

池の中に、赤い花が、あちらこちらに咲いておりました

f:id:kikouryuuou:20170617093232j:plain

テレビで見たアジサイも咲いていました

白いアジサイが、青空の中とても綺麗でした

f:id:kikouryuuou:20170617093326j:plain

メラレウカ(スノーインサマー)は、見頃ではないようでした

 

公園内は、のどかで静かな空気が流れていて

散歩にとても良い場所でした

公園内を一周、二週とまわっていますと

作業をされている方を見かけました

公園内の維持管理をなさっています

 

ゆっくり散歩していても少し汗ばむ昼間に

長袖の服を着て、庭仕事は結構暑いと思います

こういう皆様がおられる事で、綺麗な景色を楽しむことが出来ています

のどかな綺麗な空気感を楽しむことが出来ます

 

維持管理をしている皆様に、感謝しながら公園を後にしました

 

大神神社 三輪惠比須神社 参拝

奈良県桜井市大神神社に参拝してきました

国道169号線を走っていますと、大鳥居が目に入ってきます

三輪参道入口交差点から大神神社に入っていきます

このあたりから駐車場が数多くあります

平日ですと神社から遠い駐車場はほぼ車はいませんが

この日は土曜日、結構離れた駐車場にも車が止まっていました

 

とりあえず、一番神社に近い駐車場に行ってみました

ガードマンさんが立っていて、待ちの車の最後尾を案内しています

6,7台待っていたでしょうか、私も並んでみました

一台また一台と駐車場を出る車があり、数人のガードマンさんが

開いた場所を的確に埋めていきます

それほど長い時間待つことなく駐車することが出来ました

 

砂利の敷かれた参道をしばらく歩き、拝殿へ向かいます

f:id:kikouryuuou:20170613100443j:plain

素晴らしい青空が広がるこの日、参拝者さんも多くいらっしゃいました

f:id:kikouryuuou:20170613100558j:plain

日本最古の神社と言われる大神神社

ご神木には、卵やお酒が沢山供えられ、

熱心な参拝者さんが多いことが伺えます

 

今回は、到着時間が遅くて、三輪山登拝出来ませんでしたが

午後二時までは受け付けていますので

三輪山へ登ることもお勧めです

 

この日は、ささゆりが見ごろを迎えていまして

f:id:kikouryuuou:20170613102253j:plain

私達も、拝見してきました

 

大神神社参拝の後は、三輪惠比須神社を参拝させていただきました

大神神社からすぐ近くで、とても静かな美しい神社でした

参拝を終え、帰路に着きました

 

余談ですが、高速道路の御在所サービスエリアに立ち寄り

晩御飯になるものを探しておりますと

f:id:kikouryuuou:20170613102008j:plain

唐揚げ弁当がなんと4836円!

最後まで楽しい旅でした

 

お仕事、プラスアルファ

奈良県での一泊の旅を終え

このたびの出来事を振り返っていますと

出会った方々のことを強く思い出します

 

橿原神宮でお世話をしていただいた方

談山神社でボランティアをされている方

祝戸荘でお世話をしていただいた方

石舞台古墳のボランティアの方

その他にも、食事でお世話になった方・・・・

 

皆さんお仕事といえば、お仕事ですが

与えられたことを、しっかりこなしているだけではありませんでした

迎えてくれていると感じさせてくれます

穏やかな表情で、笑顔で、接してくださいます

温かさがにじみ出ています

熱心にお話くださいます

 

淡々と業務と言いますか、仕事を済ませるというのではなく

情熱と言うのでしょうか

おもてなしと言うのでしょうか

とても、ありがたいのです

 

皆さんに、お仕事プラスアルファがあったからだと思います

 

表情で

声で、

話の内容で

 

優しいお顔で迎えていただくこと、笑顔であること

優しい声、よく聞き取れる声

次から次へと、ご存知のことを伝えてくださる姿勢

お話の豊富なこと、尽きない情報

私達の質問に、ものすごく丁寧に答えてくださる

時には、実物を見せながら、写真を見せながら、絵を見せながら

 

皆さん、生き生きしていらっしゃるのです

この地の魅力を、どんどん伝えてくださいます

その熱意に感謝しかありません

 

どんな内容の仕事でも、人様に何かを与えることが出来るのですね

私も仕事をしているものとして、見習いたいことばかりでした

治療家として、人々を苦痛から救う。と言うようなことでなくても

どんなささやかな瞬間にも、人々を和ませるようなことは出来る

どんな仕事であろうと、お客様に気持ち良くなってもらう事は出来る

そんなことを感じました

 

それは、人を思う気持ちでしょうか

仕事に対する情熱でしょうか。サービス精神でしょうか

出会った方達を思い出しながら

私も、仕事にプラスアルファできるようになって行きたいと思いました

飛鳥坐神社にて

祝戸荘に宿泊した際

明日香を観光するにあたり、よく知られているところ以外にお勧めは?

紹介していただいた一つが、飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)でした

 

まず、その名前。あすかにいます

まさに今、明日香にいますので、参拝してみようということになりました

f:id:kikouryuuou:20170612091914j:plain

鳥居をくぐり、階段を上がっていきます

その階段の途中に、石があり、男性は利き腕と逆の手で

女性は利き腕のほうの手で、石を持ち上げることが出来ると

願い事が叶うと言うお話を聞いていて、石を見逃さないように進みました

f:id:kikouryuuou:20170612092311j:plain

事前に、お話を伺っていましたので

少しは要領も分かっており、持ち上げることが出来ました石は、重みがあり、丸く滑りやすいですが、慎重に取り組めば大丈夫だと思います

f:id:kikouryuuou:20170612092604j:plain

そして、参拝させていただきました

 

飛鳥寺からも近く、少しですが駐車場もあります

明日香村に行かれる際は、いかがでしょうか