心も体も生き生き元気に 

日々の出来事の中から、心と体が元気になるような記事を書いていきます

奈良県 高鴨神社 ゆったりとしたとき

ご縁をいただきまして

高鴨神社を参拝いたしました

f:id:kikouryuuou:20180610171242j:plain

「カモ」は「カミ」と同源であり「カモす」という言葉から派生し

「気」が放出している様子を表しています。

神域は鉱脈の上にあることも重なり、多くの「気」が出ていることでも有名です

と説明があります

 

エネルギッシュで、パワーを感じるののではと思いながら

境内へ向かいました

 

鳥居をくぐりまして手水舎へ向かいますと

先ずは、こちらの池に目が行きます

f:id:kikouryuuou:20180610180203j:plain

境内横には、こちらの池がありまして

鯉がゆったりと泳いでいます

説明書きとは違った、ゆったりとした空気を感じます

f:id:kikouryuuou:20180610180734j:plain

続きまして、本殿へと足を進めてみました

 

拝殿にて、参拝をします

やはり、静かな、のんびりとした感じです

気が出ているような、パワーを感じることはありませんでした

 

足が向くままに、境内を散策

東神社、そして、西神社へ

f:id:kikouryuuou:20180610181637j:plain

池に沿って歩いていきます

 

西神社を参拝しているとき

なんとなく気付かされた事がありました

 

この池、神社の奥に広がる自然

静かにゆったりと自然と調和すること

私もこの自然と一体となり調和していくこと

そういうことなのではないかと

 

心が落ち着く静かで美しい池この池から伝わってくる感覚

境内全てが醸し出す自然との一体感

この中に身を置くことなのではないかと

そして、調和していくと言うことなのではないか

 

私達人間も、自然の一部

この自然との調和、一体感が必要だと

また、バタバタとした日々に乱れるのではなく

ゆったりと落ち着くことだと教えていただいた気がします

 

思えば、私の解釈が間違っていました

気が湧き出るということを

エネルギッシュで、パワーが伝わってくるところだ

などと、勝手に解釈していましたが

そういうことではないようです

 

この場所が教えてくださることの

全てを理解できたわけではありませんが 

このゆったりとした空気感に感謝です

 

ありがとうございました

 

 

 

奈良県明日香村 岡寺 やさしい空間

岡寺を参拝してみました

岡寺とはどういったお寺なのか全く知りませんでしたので

素直に岡寺を参拝できました

 

車を停めて、岡寺に向かう途中

どんなお寺だろうと心配も半分

目の前に山門が現れてもなお

どんな所なのだろうと思っていました

f:id:kikouryuuou:20180610164535j:plain

ところが、山門を入りますと気分は一変します

 

手水舎には、綺麗なお花が浮かんでいます

f:id:kikouryuuou:20180610164712j:plain

また、山門を入った正面がとても良くて

f:id:kikouryuuou:20180610164812j:plain

パッと目の前が明るくなるような

素敵な空間がそこにありました

f:id:kikouryuuou:20180610165132j:plain

本堂へと向かう途中の何気ない場所ですが

とても美しくて、綺麗で

しかも眺めも良くて

f:id:kikouryuuou:20180610165307j:plain

この日は、土曜日です

多くの参拝者様が、いらっしゃっていました

 

本堂へ

本堂は、靴を脱いで中へと入ることが出来ます

ご本尊の、如意輪観音菩薩様を近くで拝むことが出来ます

また、堂内には、その他にも

阿弥陀三尊像、不動明王像など見所が多くあります

 

このお寺、お寺なのですが

なんとなく、お寺という感じがしません

やさしい空気が流れています

やさしさで包まれているような感じがします

他のお寺とは、空気感が違うように感じます

 

仏様の懐に抱かれているような

包まれているような安心感と言うのでしょうか

この感覚は、どこから来るのでしょうか

境内をあちらこちらと観て周りたくなりました

 

本堂から、お寺の奥へと向かってまいりますと

弥勒の窟」といわれる石窟堂がありました

f:id:kikouryuuou:20180610170147j:plain

真っ暗ですが、迷わず中へ進みます

中には、電気がともっていまして

奥には弥勒菩薩座像が安置されていました

 

この石像の菩薩様が、とても柔らかなやさしいお顔をされています

そっと、そっと静かに見守ってくださっているように感じます

仏様の懐に抱かれるような

やさしさに包まれるような感覚を感じます

 

境内を一周、また一周としながら

やさしさに包まれてきました

このやさしさは、お寺自体が持つものであると同時に

このお寺を維持管理していらっしゃる方々の気持ちだと思います

境内には、お花があり、めだかが泳ぎ

癒しの空間があります

 

仏様の優しさは、皆様の優しさと重なって

このお寺を訪れる人々に届いているのではないでしょうか

私は、とてもやさしい気持ちを感じました

 

ありがとうございました

 

 

キトラ古墳 壁画の公開を見てきました

今回の奈良観光の目的地の一つ

キトラ古墳壁画公開

以前この地を訪れた際には

駐車場が満車で近寄る事ができませんでした

 

今回、キトラ古墳を検索していますと

壁画の公開の期間中です

では、行ってみようと思いまして

予約を入れておきました

 

まったく知らなかったのですが

壁画は、古墳の中から取り出されていて

別の場所に保管されているようです

今回の公開が東の壁となっていたことに納得です

 

私は、古墳の中に入って見ることが出来るのだと思っていました

そうではなくて、保管されている壁面の内の一つを

今回見せていただけると言うことでした

f:id:kikouryuuou:20180610155112j:plain

四神の館

この建物の中で、壁画の保管と管理が行なわれているそうです

 

到着しますと、何人もの係りの方がいらっしゃって

とても丁寧に案内してくださいます

予定時間よりも早く到着しましたので

先に展示室を見て廻りました

 

この古墳が発見され

更に壁画が発見されたときの様子

この貴重な壁画が、そのときには崩壊寸前だったこと

この壁画を残して行こうと保存に当たった方々の思い

そうしたものを始めて知ることが出来ました

 

やがて、時間となり壁画の展示室へ向かいますと

この時間、入場するのは、私たち2名のみ

私達の貸しきり状態でした

ガードマンさんが2名いらっしゃいましたので

マンツーマンで監視されている(笑)

 

東壁面には、青龍と、十二支のうちの3つが描かれているそうですが

現在確認できるのは、

青龍の一部分と、寅が、うっすらとでしたが

先程展示室で苦労を色々見てきていましたので

良くぞこの状態で保管できたものだと感心しました

 

私には、東西南北の壁面に描かれたものが

何を意味しているのか良く分っていないのですが

天井に描かれた、沢山の星

その天文図に魅力を感じています

古代、夜空を見て人々は何を思っていたのでしょう

 

死後のこの石室の中にこの天文を描く

その事によって、宇宙の中心に死者を置く

当時の宇宙観、やはり夜空は特別ですね

 

四神の館をでて、外からキトラ古墳の全貌を見て

キトラ古墳を後にしました

保護にあたっていらっしゃる方々

この施設を運営してくださる方々

しかも、無料です

ありがとうございます

 

藤原宮跡にて

平城宮跡を訪れてみた事もありまして

続いて、藤原宮跡にも行ってみました

f:id:kikouryuuou:20180610152219j:plain

やはり広い

この看板と、柱を見ながら当時を想像します

f:id:kikouryuuou:20180610154046j:plain

この場所にも、平城宮大極殿のような建物が

規模は小さいのでしょうけれど

建っていたのでしょう

権力の凄さを目の当たりにします

f:id:kikouryuuou:20180610154202j:plain

 

 

春日大社 特別参拝と御蓋山

久しぶりの春日大社参拝です

平日4時を過ぎていましても多くの人々が

参拝に訪れていました

f:id:kikouryuuou:20180610150435j:plain

いつ訪れても、とても雰囲気のある参道です

f:id:kikouryuuou:20180610150534j:plain

手水所にて手と口を清め、祓戸神社に参拝の後

御本殿に向かいます

 

今回は、特別参拝させていただくことにしました

500円を納めまして、ご本殿へと向かいました

f:id:kikouryuuou:20180610150745j:plain

御蓋山の頂上浮雲峰の遙拝所です

春日大社の建物が建つ以前より

御蓋山の信仰はあったそうです

f:id:kikouryuuou:20180610151201j:plain

続いて、本殿前へ

手を合わせ参拝しておりますと

神様が、駆け巡っておられるお姿が見えたような気がしました

それは、それは遠くまで、隅々まで

野山を駆け巡っておられるようでした

f:id:kikouryuuou:20180610151443j:plain

藤浪之屋にて、万燈籠の幽玄の美を体験できます

このお部屋に入りますと

それはそれは幻想的で、別世界に来たようです

f:id:kikouryuuou:20180610151651j:plain

特別参拝させていただきますと見える世界が違いまして

とても良かったと思いました

f:id:kikouryuuou:20180610151759j:plain

美しい光景に出会えたことも素敵でした

 

参拝をしておりますと

ちょうど神職様が祝詞をあげに来ていらっしゃいまして

しばらく聞き入っておりました

日本の平和安全を祈願されていたと思います

ありがたいことです

 

 

率川神社 三輪山を感じる場所でした

大神神社の境外摂社であります率川神社

今回宿泊が、奈良駅付近でしたので

ぜひ立ち寄ってみようと思いました

 

もし車で行かれるのであれば、

率川神社の前の通り(やすらぎの道)から

境内奥に駐車場がございました

f:id:kikouryuuou:20180610144430j:plain

f:id:kikouryuuou:20180610144500j:plain

綺麗に整備のされた境内

とても気持ちよく参拝をさせていただくことが出来ました

ありがとうございました

 

手を合わせて参拝しておりますと

とても力強い、エネルギーを感じさせていただきました

お山と、その上空からのエネルギー

私は、この場所で、三輪山を感じていたのかもしれません

f:id:kikouryuuou:20180610144559j:plain

こちらの場所からは、三輪山を参拝することが出来ます大神神社でお参りさせていただいているように

三輪山を感じることが出来るのではないでしょうか

 

とても、こじんまりとした敷地ではありますが

綺麗に手入れがされた境内で

とても気持ちよく参拝をさせていただくことが出来ます

力強いパワーをいただいたように感じました

 

ありがとうございました

 

平城宮跡 歴史を感じてみる

始めて平城宮跡を尋ねてみました

TVなどで、平城宮の大きな建物は目にしていましたが

あの大きな建物が何なのかさえ知らないままに

 

先ず到着して思ったのですが

どこに車を停めて良いのか分りません

大きな建物は、目に飛び込んできましたが敷地がものすごく広いです

うろうろしていますと、駐車場が見つかりましたが

先程目にした建物からは、かなり離れました

 

歩いていけば良いだけのことなのですが、

あの目に飛び込んできた大きな建物に

入ることが出来るのかも知らないままでした

とりあえず、歩いてみる事にしまして

建物の方向へ進んで見ます

 

工事現場で見かけるようなガードマンさんが立っていらっしゃって

案内をしていただきました

目に入った大きな建物は、大極殿と言うようです

修学旅行の子供たちが、ぞろぞろと出ていらっしゃいました

私達も建物の中へ入ってみました

f:id:kikouryuuou:20180610142520j:plain

第一次大極殿

ガイドをしてくださる方が待機しています

折角ですので、ガイドをお願いしてお話を伺いました

担当してくださったガイドさんですが

ご年配の方なのですが、とても丁寧に

私達に分るように一生懸命説明くださいます

その姿に触れただけでもありがたく

また、よく分る説明に二度ありがたく本当にありがとうございました

f:id:kikouryuuou:20180610142537j:plain

この建物から、朱雀門に目をやりますと

重機を使って作業が行なわれています

当時の門を再建しているそうです

今は、こうして重機にて作業を行なうことができますが

当時の人々は、この大きな建築物を手作業です

どうやって建てたのでしょう

 

平城宮は当時の、皇居であり、国会議事堂であり霧ヶ関

この広大なスペースは、お役所建物であって

実際に住んでいたのは、天皇ということでした

第一次大極殿と、第二次代極殿というものがありましたが

この第一次大極殿が、第二次大極殿に移されたそうです

 

当時、大陸(朝鮮半島)に日本の力を示さんとして

これほどの大きな建物を建てて

国力を示したというような解説を頂きました

攻めてこられないようにということでしょう

当時は、緊張があったと言うことなのでしょう

 

第二次大極殿に移すころには

そうした緊張感は無くなり

建物は小さくなったそうです

ガイドさんのお話をいただきながら見て廻りますと

理解が早くなります。ありがたいです

 

車を停めた駐車場も、この建物も

ガイドさんの解説も全てが無料

ビックリします

今回訪れてみて、とても良かったと思いました

 

歴史に触れ、当時の風景を想像し

当時の都の姿に触れる

貴重な時間を過ごす事が出来ました